私が車の購入を迷う理由


私が車の購入を迷う理由

妹が車を買いたいと言い出した。私たちが住んでいるマンションの駐車場は、駐車料金がひと月3千円と、この近辺の相場より安く、しかも単身者が多く住まうこのマンションでは駐車場がまだ空いている。いつも週末は妹と二人で歩いてスーパーまで買い出しに行っていたが、車があればそれも楽になるし、レジャーやデートにも使えると妹はすっかりその気だ。しかし、私は車を買おうかどうか、悩んでいる。

ラジエーター関連|カーライフサポート|JX日鉱日石エネルギー

私が車の購入を迷う理由は、言い出しっぺの妹の人間性にある。妹は熱しやすく冷めやすい性格で、ルックスがいいのでボーイフレンドも多いが、特定の彼とは長続きしない。妹の車を購入したいという提案は、就職して数年経ち経済的にも余裕が出来、いつかは女の子を誘ってドライブでもしたいと思う私の気持ちに通じるものもあるが、購入したらきっと、妹はコロコロ変わる彼氏とのデートに使おうとするだろう。事故でも起こされたら大変だし、そもそも自動車自体、飽きたなどと言い出しかねない。

廃車

今現在の住まいなら駐車場の問題は最初からクリアされているが、自動車を購入するということは、自動車保険の加入や税金を支払っていくことになる。メンテナンスにもお金がかかるのだ。気分で車を買い替えられる程お金持ちなら話は別だが、普通はよく考えて、自分にあったこれという1台を決めて購入する。一括購入は恐らく難しいので、何年かのローンを組むことになるだろう。妹のようにノリで彼氏を変え、飽きたら無責任に放り出すということはできないのだ。

商品一覧 | ウェブストア | [イエローハット]

あったら便利だがなくても不便だと思っていたわけでもない車を購入するには、もう少し妹に責任感や忍耐力が備わってからの方がいいような気がしている。