彼が刺青除去した跡を見て言った優しい一言


彼が刺青除去した跡を見て言った優しい一言

私には、現在付き合いのある人たちに対して、ずっと隠していたことがあります。それは10代の後半に、色々とヤンチャをしてしまい、半ば逃げるように地元から出て、遠く離れた今の大学に通っているということです。念のために言っておきますが、別に犯罪歴があるとかそういうことではありません。ただ、そういった「警察が捕まえにくるような大きな悪いこと」はやっていないものの、学校をさぼりまくったとか、つい勢いで自分の胸にバラのタトゥーを刻んでしまったとか、いわゆる素行の悪さでは私は有名だったのです。

長崎大学医学部皮膚科学教室

私的には校正の目的が大きかった地方大学への入学は、その目的を十分に果たしてくれたと、今は感じています。ちゃんと事前に刺青も除去して、地元にいたころの悪い友人関係を断ち切り、現在のまともな友だちと知り合うきっかけになってくれ、その上、こんな私に優しい彼氏まで与えてくれる機会となりました。

刺青除去 仙台

この彼氏とは、最初は向こうからアプローチをしてきたのですが、私はこれまでの過去を知られたくない思いから、当初はお断りをしていました。しかし、ふとしたことで彼に私の刺青痕を見られてしまい、そこで言ってくれた「その痕があれば、もう君は間違わないよ。だから、あまり気にしないで。」という優しい一言に、私はすっかり参ってしまったのです。

日墨戦略的グローバル・パートナーシップ研修計画-JASSO

私は今では、もう地元に帰らず、このままこちらで何とか就職して生きていこうと考え始めています。私は、昔の自分よりも、今の彼氏と一緒にいられる私が好きなのです。