外国車、一度乗ったら手放せない


外国車、一度乗ったら手放せない

2013年現在、外国産の自動車を取り巻く環境が、少しづつ変化し始めています。昭和の時代には、ごく一部の限られた富裕層しか購入することのできなかったのが外車ですが、そのため、学校帰りに子供たちがそれらの車を見かけること自体がレアで、一部の地域では「外国の自動車を一日に三回見かけると、その日はとってもいい日になる」といった都市伝説的な噂が発生したほどです。

●●●ARC Brazing●●●

特に、ランボルギーニ・カウンタックやポルシェ、フォルクスワーゲンといった有名な車は、日本の子供たちにも人気が高く、これらを見かけたと学校で報告すると、一躍ヒーロー的な扱いを受けたほどです。
このように外国車は、昔から人気がありながらも、いわゆる「高嶺の花」的な高級品として扱われてきましたが、それが最近になって、状況が変わってきました。

サーキットプロテクタ サーモスタット 速断ヒューズ センサータ・テクノロジーズ ジャパン

残価設定ローンという車の購入方法が登場し、これにより、一般的な収入の人でも高級外国車に手が届くようになってきたのです。かつて外車にあこがれた、今の子供たちが、これを利用しない手はありません。多くの人が、こぞって憧れの車のオーナーになっていき、「外国車、
一度乗ったら手放せない」などの、所有する喜びにあふれたコメントを残しました。

廃車 買取

この外車オーナーになる動きは、一部の熱狂的なカーマニアを中心に、今、ゆっくりと広がりを見せています。